文化のみちへようこそ | 旧豊田佐助邸


[ここから本文]

旧豊田佐助邸

基本データ
  • 【建築年代】大正12年(1923)
  • 【指定】町並み保存地区の伝統的建造物
  • 【所在地】主税町三丁目8
  • 【電話番号】
    052-972-2780(名古屋市観光文化交流局 歴史まちづくり推進室)
  • 【入館料】無料
  • 【休館日】月曜日(祝日の場合は直後の平日)
  • 【開館時間】10:00〜15:30
  • 【ガイドボランティア】
    火・木・土曜日 (随時案内)

ガイドボランティアについて

[解説]

発明王・豊田佐吉の弟、佐助が住んでいました。当時、長塀町に佐吉邸、白壁町に豊田喜一郎邸と豊田利三郎邸もありましたが、現存するのはこの豊田佐助邸のみとなっています。豊田利三郎邸は門と塀だけが残されています。木造の洋館・和館を併設したスタイルで、洋館の1階では蓮の蕾の形の照明、吊元の装飾、鶴亀にとよだの文字をデザインした換気口などが見られます。

アクセス
  • 市バス「清水口」「白壁」より徒歩5分/地下鉄「市役所」より徒歩15分
その他写真
[ここまで本文]

このページの先頭へ    トップページへ