文化のみち二葉館 イベント情報


[ここから本文]

イベント情報

文化のみち二葉館 開館17周年 ふたば


■概要
開催日時 2022年2月8日(火)10:00~17:00 
 当日は終日入館無料です!! 
開催場所 文化のみち二葉館
開催概要 大正エレガント ―浪漫の薫りあふれる館―
ステンドグラスから色とりどりの光がこぼれます。
文化のみち二葉館【名古屋市旧川上貞奴邸】は、2005年に開館してから17周年を迎えます。
開館日の2月8日が施設愛称の「二葉」と語呂が合うことから毎年この日を開館記念日「ふたばの日」として様々な催しをご用意して皆様をお迎えしております。
ぜひこの機会にご来館ください。


↓こちらをクリックするとチラシがご覧いただけます。(PDF)
   チラシ表面       チラシ裏面


 ◆来館者プレゼント!
     開館17周年を記念して、ご来館の先着100名様に記念品を進呈
       2月8日(火) 10:00~
  ※なくなり次第終了
     ※感染防止対策のため、入館人数を区切って順にお入りいただきます
     ※新型コロナウイルスの感染状況により、催事が中止または変更になる場合があります

 写真でたどる「川上貞奴」
     写真を見ながら貞奴の生涯をたどります。
       語 り: 文化のみち二葉館   館長 緒方綾子
       期 間: 2月8日(火) 14:00〜15:00
       会 場: 1階 大広間

       定 員: 当日先着25席   13:00〜整理券配布

 生誕150年 川上貞奴の着物展
     二葉館に収蔵する貞奴の着物を一堂に展示
       期 間: 2月8日(火)〜2月13日(日)
       会 場: 2階 和室

 ◆貞奴の愛した雛人形とお琴
     貞奴が大切にしていた雛人形とお琴を展示
       期 間: 2月8日(火)~2月13日(日)
       会 場: 1階 展示室

 ◆貞奴の手描き雛の羽織
   
貞奴が描いた立雛をあしらった羽織の展示
       期 間: 2月8日(火)〜3月6日(日)
       会 場: 1階 展示室

 郷土ゆかりの文学
  「没後15年 経済小説の父 城山三郎展」

     城山三郎の原点である『中京財界史』を中心に、経済小説を紹介
       期 間: 2月5日(土)~3月6日(日)
       会 場: 2階 展示室
   
 ◆福よせ雛
   
二葉館のお雛様をお楽しみください
    
 期 間: 2月16日(水)~2月20日 (日)
        会 場: 2階 和室

 ◆文化のみち雛巡りシールラリー
     文化のみちにある7施設を巡ってシールを集めましょう
       期 間: 2月5日(土)~3月6日(日)
       会 場: 文化のみち二葉館、名古屋城、文化のみち橦木館、
             名古屋陶磁器会館、徳川園、徳川美術館、蓬左文庫

 ◆文化のみち橦木館も2/8(火)は終日入館無料
     2/8(火)先着100名様に橦木館オリジナルグッズを進呈


※PDF形式のデータをご覧いただくにはアドビシステムズ社のAdobe(R) Readerが必要です。
下のアイコンをクリックするとダウンロード(無償)できます。


主催 文化のみち二葉館【名古屋市旧川上貞奴邸】 
協力:成田山貞照寺、福よせ雛プロジェクト、古裂美術工房、画家・柳瀬辰久、文化のみち橦木館、東区文化のみちガイドボランティアの会、名古屋市鶴舞中央図書館(順不同 敬称略)
問合せ 文化のみち二葉館【名古屋市旧川上貞奴邸】 TEL 052-936-3836
[ここまで本文]

このページの先頭へ    イベント情報(一覧)へ    トップページへ