文化のみちへようこそ | カトリック主税町教会


[ここから本文]

カトリック主税町教会

基本データ
  • 【建築年代】礼拝堂:明治37年(1904)/司祭館:昭和5年(1930)
  • 【指定】町並み保存地区の伝統的建造物/都市景観重要建築物
  • 【所在地】主税町三丁目33
  • 【電話番号】052-931-1381
  • 【駐車場】無
[解説]

名古屋・岐阜地方に初めてカトリックの教えを広めた井上秀斎がテュルパン神父と共に造った教会。名古屋・岐阜地方のカトリック教伝道の歴史の上で非常に重要な意味を持っています。伊勢湾台風後、入口と外陣両側が増築されたため、側廊ができ、三廊式となりました。礼拝堂正面の3連アーチが優美。鐘楼(復元)の鐘は百年前の仏製。

アクセス
  • 地下鉄「市役所」より徒歩15分/市バス「清水口」「白壁」より徒歩5分
その他写真
[ここまで本文]

このページの先頭へ    トップページへ